トップトレンド情報化粧品業界の今を斬る
【化粧品業界の今を斬る】(2009.08.15)

不況でも売れ行き好調!高額石けんを手に取る消費者心理とは?

プレゼントでもらった石鹸が気に入り、買いに行ってみると、時はちょうどクリスマスシーズン。石けんをたくさん買って、一つ一つをギフト用にラッピングしてもらっている、背広姿の男性の姿をみかけました。

→続きを読む

【化粧品業界の今を斬る】(2009.08.15)

売れない時代のカラー戦略

不況のときに流行するカラーはベーシックカラー。特にグレーや茶色と言われています。これは何にでも合わせやすい色で、現在持っているものにコーディネートしやすいというのが大きな理由でしょう。必要最低限の...

→続きを読む

【化粧品業界の今を斬る】(2009.08.15)

眼力=女力!まつ毛美容の威力

古い雑誌などを見て、昔っぽいなぁ、と時代を感じてしまうのは、ファッションとともに女性のメイクではないでしょうか?眉も太くなったり細くなったり、唇も厚くみせたり薄くしたり。中でも、ここ数年にわたり流...

→続きを読む

【化粧品業界の今を斬る】(2009.08.13)

〜バック博士の花療法〜

美容情報の発信地、ヨーロッパでは、BIO化粧品が流行中のようです。BIOとは「Biologique」の略で、「有機農法の原料を使った」という意味です。 欧州の中でも特にエコ先進国として知られるドイ...

→続きを読む

【化粧品業界の今を斬る】(2009.08.13)

ヘアケア、今どき事情

20代から30代前半の女性たちを中心にしたマーケティング結果から、「ヘアケア」についての生の声をお届けします!(データ:Trenders調べによる) 街を歩けば、ショーウィンドウはすっかり秋の装いで...

→続きを読む

【化粧品業界の今を斬る】(2009.08.13)

〜香りの進化〜

一説によると、五感の中でも嗅覚による記憶の想起力が一番強いのだそうです。季節の変わり目に感じる風のにおいに、子供のころの記憶を思い出し、センチメンタルな気分になった…なんてこと、誰にでもあるのでは...

→続きを読む

【化粧品業界の今を斬る】(2009.08.13)

〜睡眠ケアについて〜

社会生活の進歩とともに、夜型社会に移行したために起こる生活習慣の乱れや、ストレスに満ちた社会を反映し、不眠に悩まされる人が増えているようです。厚生労働省が行った全国の3歳〜99歳を対象に行った、睡...

→続きを読む

【化粧品業界の今を斬る】(2009.08.13)

原料志向の高まる化粧品

化粧品原料界では、「オーガニック」と「機能性」がトレンドです。多様化する消費者ニーズに応えて、様々な素材が現れては消える化粧品原料界ですが、かつてのQ10ブームのように、コレだけ入れれば売れる、と...

→続きを読む

【化粧品業界の今を斬る】(2009.08.13)

イマドキ、ネイル事情

なに気なく電車のつり革に目を遣ると、近頃は探さなくても美しくケアされた指先が視界に入って来ます。 そう。今やネイルは当たり前の時代。百貨店における化粧品の売り上げが横バイな中、美容業界で好調なのは...

→続きを読む

【化粧品業界の今を斬る】(2009.08.13)

「エシカル・コスメを考える」

「エシカル-ethical-」とは…英語で「倫理的な」「道徳的な」といった意味の言葉です。エコロジーをもう少し広い定義で捉え、チャリティやフェアトレードなど、「倫理的に正しい」ライフスタイルを指す...

→続きを読む

【化粧品業界の今を斬る】(2009.08.13)

ペット市場のポテンシャル

マニキュア、エクステンション(つけ毛)、ミストサウナ、コタツに車椅子…。これらは全てペット用の商品です。犬向けの飲料の自動販売機まで登場する昨今。今や一兆円市場とも言われるペット市場。背景には人間...

→続きを読む

【化粧品業界の今を斬る】(2009.08.13)

メイクしながらスキンケア!ミネラルコスメに注目

テレビショッピングなどで頻繁にみかけた気になる化粧品、ミネラルメイクアップ(以下MMU)。大きめのブラシでパウダーを顔に塗り、あっという間にベースメイクが完了するというもの!原料は自然のものを使い...

→続きを読む

【化粧品業界の今を斬る】(2009.08.13)

〜2009年春夏流行色〜「フェリシテ(幸福)」

その日、その時の気分によって選ぶカラーは変わります。求めるカラーには心が影響しているものなのです。2009年のメイクアップ流行色を、インターカラー(国際流行色委員会)※の決定色をみながら、今の時代...

→続きを読む

【化粧品業界の今を斬る】(2009.08.13)

エコとデザインのマリアージュ

そのかつてファッションは、エコロジーから最も遠いところにある、という認識がありました。素材にバリエーションが少なかったため、デザインにも限界があったのです。最近では、エコ認証のとれた素材や色のバリエー...

→続きを読む

【化粧品業界の今を斬る】(2009.08.13)

イマドキOLの消費事情

最近のマスコミでよく聞かれる言葉の一つに、「アラサー」、「アラフォー」というのがあります。アラサー=アラウンドサーティ=30歳前後、アラフォーは40歳前後の女性のことを指します。アラフォーは団塊ジ...

→続きを読む

【化粧品業界の今を斬る】(2009.08.13)

2008年冬、メンズコスメに注目!

最近気になる売り場といえば、オーガニックコスメともう一つ、メンズコスメコーナー。体臭や脱毛のケア、顔の手入れをする20代〜30代の男性が増えています。全体の市場が伸び悩む中、拡大し続けているメンズ...

→続きを読む

【化粧品業界の今を斬る】(2009.08.13)

〜2009年秋冬の流行色予測〜「フェリシテ(幸福)」

2009年のインターカラー(国際流行色委員会)※の決定色のテーマは「フェリシテ(幸福)」。多様が混在する時代を映し出す様な、対比のカラーが選出されています。それは「リアル」対「バーチャル」、「自然...

→続きを読む

【化粧品業界の今を斬る】(2009.08.12)

アンチエイジングケアの救世主?ドクターズコスメの最新動向!!

アンチエイジングケアの救世主?ドクターズコスメの最新動向!! 不況のあおりを受け、伸び悩むブランドが多い中、ドクターズコスメやオーガニック化粧品は、堅調な伸びを見せています。特に、すでに肌になん...

→続きを読む

【化粧品業界の今を斬る】(2009.08.12)

アロマコスメブームが到来中!

アロマコスメブームが到来中!ヒットの鍵はコミュニケーションにあり! 引き続き、アロマコスメが人気を集めています。作り手側からすると「原料の生詰め→比較的簡単に上市できるジャンル」と見られるため...

→続きを読む