洗顔料編 (2009.08.15)

注目!美肌を作る洗顔料

洗顔料は余分な皮脂、空気から付着した汚れ等を落とし、健康で美しい肌を保つため重要な役割を果たしています。まず、洗顔の主な種類についてみていきましょう。


洗顔の主な種類

・固形(石鹸、透明石鹸、中性石鹸)
全身用の洗浄料の主流。手軽で使用感も良いですが、使用後につっぱり感を感じることがあります。クリーム、ペースト(クレンジングフォーム)顔専用で使用感、泡立ちに優れています。簡単に使用できるのが利点です。弱酸性〜アルカリ性で目的に応じてベースを決めていきます。

・液状(クレンジングジェル)
弱酸性〜アルカリ性。弱酸性ベースは洗浄力が弱くアルカリ性ベースは洗浄力が強いのが特徴です。頭髪、ボディ用洗浄料として使われることが多いです。

・顆粒、粉末(洗顔パウダー)
水を配合していないため、パパインなどの酵素を配合できるのが特徴です。

・エアゾール仕様
発泡して出てくるシェービングフォームタイプとジェル状で出てきて使用時に発泡するタイプがあります。


ヒットの裏に「泡」があり?!

近年、洗顔石鹸の美肌作りへの重要性が見直され、爆発的なヒット商品が生まれてきていますが驚くほどのヒットの鍵は「泡」がにぎっていました。「モコモコの泡で洗顔」や「弾力のある泡でお肌を優しく洗う」など、洗顔料を発売する際に必ずといっていいほど泡をウリのしたコンセプトやキャッチコピーが考えられています。

しかし、実際には「泡」をしっかり立てるための正しい使用方法が消費者まで浸透していないのが現状です。ある大手化粧品メーカーの行った調査では、「洗顔料を十分に泡立てることが重要」と考える人が大多数であったものの、それを実践している人は少なく、無意識に習慣化している洗顔方法をそのまま続けている人が多いことがわかりました。

泡立て不足の場合、20倍以上の高濃度で洗顔する可能性があり、乾燥感や痒み、刺激感など皮膚状態の悪化につながってしまいます。そのため、肌への負担が少なくなるよう、十分に泡立てるよう消費者を啓蒙することが重要なのです。


洗顔料開発のポイント

そこで洗顔料開発のポイントをまとめると以下の通りとなります。

・泡立ちの良い商品を開発するだけでなく使用方法を丁寧に説明しましょう
(石鹸であれば、何回手の中で転がす等の具体的な目安を明記)
・「泡立てネット」等の簡単に泡立つ小物をキャンペーン等で活用しましょう
・泡立不足で洗顔した場合は、次に使用する化粧品がしみることがあるのでローションに対するクレームでも洗顔方法を疑う必要があります

洗顔料は、肌質をワンランク上に上げるか、下げるかの分かれ道になる重要なアイテムです。製品の効能・効果は開発者側が想定した泡を消費者がきっちり立ててはじめて発揮されます。そのため、開発チームと販売促進チームとがしっかりと連携し消費者に情報を正確に伝え、製品のもっているパフォーマンスを発揮させる努力が不可欠です。

虎の巻格言:「洗顔料は創るだけでなく、伝えるが肝!」


参考図書:コスメチックQ&A 日本化粧品工業連合会編
美容最前線 ビューティトレンド 霜川忠正著
フレグランスジャーナル 2008年12月号