D・I・Yコスメ

トレンド情報

いざ「化粧品を創りたい!」と思っても、数多あるOEMメーカーからどこの会社を選んだらいいのか、どんなアイテムを創ったらいいのか、頭を抱える企画担当者が多いのではないでしょうか。

そこでコスメティックプランナー恩田雅世が、外部ならではの視点でホシケミカルズ担当者に切り込み、商品企画のヒントとなるようなトレンド情報や美容の潮流、さらにOEM/ODMの深部にぐぐっと迫る対談企画。他では聞けない裏話もこっそり聞いちゃいます!

登場人物プロフィール

    恩田雅世
コスメティックプランナー。数社の化粧品メーカーで化粧品の企画・開発に携わり独立。現在、フリーランスとして「ベルサイユのばらコスメ」開発プロジェクトの他、様々な化粧品の企画プロデュースに携わっている。コスメと女性心理に関する記事も執筆している。
https://onda-media.com/

ホシケミカルズ商品企画担当:Y
化粧品メーカーの研究部門出身というホシケミカルズでは異色のリケジョ。化学の豊富な知識や知見に基づき、成分特徴と技術を結集させた理論派コスメ企画を得意とする。

ホシケミカルズ広報担当:S
ヘルスケアアイテムのBtoC広報を経て5年前に入社。自社サービス・商品のPRを担当。理性(技術や理論)と感性(わくわく感)を織り交ぜた情報発信を心掛けている。

 

恩田
恩田

化粧品業界でも、最近「DIYコスメ」が話題となってきています「DIY」とは、Do it yourselfの略で“自分で作る”という意味ですが、具体的にはどんな製品がありますか?

 

広報担当S
広報担当S

 

某大手から発売された、使う前に自分でパウダーとリキッドをカップの中でこねて作る、つきたてのお餅のようなマスクは、ビジュアル的にとてもインパクトがありました。

 

恩田
恩田

 

これは、もちもちのテクスチャーや温感というのが面白いですね!

 

広報担当S
広報担当S

小さい時によく食べた、こねて作るお菓子を思い出して、作っているときからワクワク感がありますね。

 

恩田
恩田

インスタなどのSNSの影響もあるのかもしれませんが、できあがったものでなく、自分で作る過程を楽しみたいという人が増えているのかもしれないですね。

 

広報担当S
広報担当S

韓国のコスメでも同じような、カップの中に粉と液体を入れシェイクして使うマスクが流行っていて、若い女子に人気です。

 

恩田
恩田

剤型としては昔からある、固めてはがすタイプのマスクですが、使い方やパッケージなどの見せ方で、新しいものに感じますね。

 

広報S
広報S

使う直前に自分で練るという“手作り感”が受けているのだと思います。

 

恩田
恩田

“手作り感”という意味では、某メーカーの有名な青い缶をベースにして混ぜて、色々なアイテムを手作りしてインスタにあげる女子も多いですよね。

 

広報S
広報S

使わなくなったアイシャドーやチークに混ぜて、クリームチークやクリームアイシャドーにしたり、リキッドファンデーションを混ぜて化粧下地にしたりと“リユース”してコスメを楽しんでいる方が増えました。

 

恩田
恩田

私も使わないアイシャドーがいっぱい有るので、試してみたいです!

 

広報S
広報S

DIYコスメの傾向として、使わないコスメを何かと混ぜて、新たなコスメにする“リユース型DIYコスメ”と、化粧品を使う前のステップとして自分で混ぜて使う“ステップ型DIYコスメ”に分けられますね。

 

恩田
恩田

確かに、そうですね!“リユース型DIYコスメ”に入るのかもしれませんが、プチプラコスメ何種類かと高いコスメを合わせたりしている女子もいますよね。

 

広報S
広報S

若い女性では特に、ひとつのブランドでスキンケアを全て揃えているという方がほぼいなくなった印象があります。

 

恩田
恩田

メーカーから押し付けられる使い方ではなく、自分達で好きに使いたいというのがあるのかもしれません。
ちなみに“ステップ型DIYコスメ”に向いている製剤ってあるんですか?

 

商品企画Y
商品企画Y

はい、例えば「ビタミンC」はすごく不安定な成分で、すぐに酸化してしまうので、粉体状のビタミンCを使う直前に開封してまぜるというのは、理にかなった方法だと思います。

 

恩田
恩田

だから化粧品に配合されている「ビタミンC」は、安定性を高めた「ビタミンC誘導体」を使用しているんですね。
その他には、どんな成分がありますか?

 

商品企画Y

「酵素」なども、特性として水に触れると活動が始まってしまい、徐々に働きが弱まってきてしまうので、直前に混ぜるのがおすすめの成分です。

 

恩田
恩田

酵素洗顔に粉末タイプが多いのも、その為なんですね!

 

商品企画担当Y
商品企画Y

はい。このように、使う直前に混ぜたほうが効果を発揮する成分を取り入れた“手作りコスメ”をご提案することもできます

 

恩田
恩田

なるほど、成分の特性を生かした商品企画ができるということですね。

 

商品企画担当Y
商品企画Y

その他にも、成分の特性からのアプローチだけでなく、色々なものに混ぜやすいようなベース基材や、髪や唇など様々な場所に使いやすいマルチバームなど、“DIYコスメ”に向きそうなアイテムもご提案できるので、ぜひ1度ご相談いただければと思います。

当社オリジナル開発品の中では、“手持ちのアイテムを活かす”という視点で開発した「CCBオイル」というメイクアップ用オイルが、単品使いだけでなく下地やファンデーションと混ぜて使用しやすいのでおすすめです

※「CCBオイル」商品詳細はお問合せください。お問合わせはこちら

 

恩田
恩田

“DIYコスメ”は使い方も含めた企画の幅が、色々と広がりそうですね。本日は貴重なお話を聞かせて頂き、ありがとうございました。

※「成分の特性を生かしたDIYコスメ」についてお気軽にお問合せ下さい。お問合せはこちら

タイトルとURLをコピーしました