トレンド情報

化粧品の“開発後にできるサステナ施策”最新動向

美容業界のサステナブルと言えば、商品企画や容器・包材、製造業としての環境配慮など、個別企業の動きが注目されてきましたが、最近は同業者や異業種がタッグを組み課題解決に乗り出す機運も高っています。そこで今回は “化粧品を開発した後”でも取り組める施策をリサーチしました。

トレンド情報

OEMを最大限に活用“異業種からの新規参入”ポイントとは?!

化粧品業界は異業種からの参入が多いと言われているビジネスです。コロナ禍においては、タッチアップはもちろんテスターのない店舗も多く、実は “現場で売りやすい商品か?”という視点も重要度を増しています。今回は、OEM企業を活用する際に準備しておきたいポイントと、最近の傾向を調査しました。

トレンド情報

スキンケア発想の頭皮ケアが話題!クレンジングを中心としたアイテムの進化

ヘアケアの中でも、ライフスタイルの変化で存在感を強めているのが「頭皮クレンジング」を中心とした頭皮ケアアイテム。 例えば、頭皮クレンジング・シャンプー・トリートメントの3つの効果が1品で叶う“クリームで洗うシャンプー”などが話題です。スキンケアするように頭皮もケアするという意識が浸透する予感です。
トレンド情報

商品企画担当者必見!需要高まる「頭皮ケア」アイテム

コロナ禍で増えた“おうち時間”。マスクの新習慣や、自身と向き合う時間が増えたことによって、スキンケアのみならず「頭皮ケア」アイテムへの関心が近年高まりを見せています。本記事では、OEMメーカーの視点でヘアケア市場を紐解き、今だからこそおすすめしたい「頭皮ケア」オリジナル開発品をご紹介します。
トレンド情報

じわり浸透“メンズコスメ”最新動向

テレワークやWeb会議の定着といったコロナによる社会的な変化が、「メンズコスメ」(男性用化粧品)市場に影響を与えていることに注目!女性向けと同様に価格帯、開発背景、販売方法、コンセプトが多様化しています。男性心理を汲み取りながら上手く商品に落とし込むには…?!具体的なアイテム提案と合わせてご紹介します。

トレンド情報

2021年ビューティー業界振り返り&22年予測

ニューノーマルがノーマルとなった2021年。制限のある生活の中でも今の状況に順応し、“美容を楽しもう”という前向きなマインドが醸成されたのではないでしょうか。そうした世相も反映した美容業界のホットトピックを振り返るとともに、2022年動向も予測します。

トレンド情報

感性に訴えるエモーショナルコスメの伸長

ストレスフルな日常を反映してか、機能性だけでなく「五感」や「感情(エモーション)」といった“感性に訴えかける”ようなコスメが好調です。例えば、嗅覚は「香り」、触覚は「テクスチャ」「質感」といった皮膚で感じることなど、具体的に化粧品ではどのような切り口に落とし込めるのか、その可能性を探ります。

トレンド情報

コロナ禍で高まる「マウスケア(口腔化粧品)」への関心

マスク生活の長期化や予防・ケア意識の高まり、高齢化など世相を反映し注目される「お口の健康」。トレンド情報に加え、知ってるようで知らない?!化粧品・医薬部外品といったマウスケアの商品区分と、訴求可能な“効果効能の表現の範囲”についても解説します。

 

トレンド情報

時代のニーズを反映する「健康食品」最新市場動向

長引くコロナ禍で人々の健康意識は急速に高まり、市場にもその影響が色濃く反映されています。 エイジングケアや美肌といった従来からのインナービューティー視点に加え、「ダイエット」「睡眠の質」「疲労軽減」など、“時代のニーズ”にマッチした「健康食品」が支持を集めています。
トレンド情報

コロナ禍で注目される高級ヘアケア

コロナ禍で女性向けの養毛・育毛アイテム、乾燥しがちな頭皮の保湿ケアなど20、30代にもヘアケアカテゴリのアイテムへの需要が増えています。頭皮ケア、育毛ケアの現状や今後の展望について分析します。